建設業認可を行政書士に委託する意味

建設業許可の新規取得に当たっては、申請書類の作成だけでなく、会社謄本などの書類の入手、裏付資料の内容確認などの準備作業、随時発生する想定外の諸問題が発生し、自身で行うといたずらに時間を消費してしまうケースが多いように思います。

私が建設業のお客様とご一緒させていただく中でよく聞かれることは次のようなことです。
・建設業許可申請変更の手引きを読んだが、よくわからない。
・過去に請け負った工事の契約書、注文書はどの程度必要となるのだろうか?
・十分に準備したつもりが、実際申請すると、役所の担当者から手引きに記載されていない書類の提出を求められた。
・許可更新の準備を行っているが、だれが、経営業務の管理責任者で誰が専任技術者かもわからない。
・経営業務の管理責任者も専任技術者も数年前に退職してしまった。更新できるだろうか。
・許可取得後に変更届の提出が必要であることを知らなかった。
・更新申請に出向いたところ、決算変更届が未提出であるため受理してもらえなかった。
・以前の書式、手引きで準備したが、法改正があり新書式での提出を求められた。
もちろん許可取得までに十分な時間と労力をさける場合には何度も役所に足を運び少しずつ解決してゆけばよいでしょう。しかし、私は、皆様が行うべきは皆様の得意分野で力を発揮することだと思います。

私は行政書士事務所勤務の時代も含め、建設業の許認可について相当数の件数をこなしておりますので、お任せくだされば、お客様が慣れない書類の準備や役所とのやり取りに煩わされることなく本業に集中できるようにするために、煩雑な申請手続きをスピーディーかつ正確に行えます。
建設業許可の新規取得を検討されている方は是非ともご相談くださればと思います。

 

行政書士に委託する意味
・時間の節約、本業への集中
・潜在的なリスクを洗い出し回避する
・管理部門のスリム化
‐ 数年の一度の作業のために人数が多くなっていませんか?
・法改正の即時対応
‐ 当事務所にお任せいただければ常に最新の法令・規則に基づいて手続きを行いますので手戻りによる不効率の削減が可能です。

行政書士 古川友美